フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ

Shomeidoホーム > フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ > 2009年6月 の記事

2009年6月 の記事

いかにご試食いただくか?

先週末店頭で山梨・春日居岡部地区の桃の大試食会を開催しましたが

ありがたいことにたいへん好評でした。

Img3530946bzik3zj

私も今年の桃の予想以上の出来にびっくり

こりゃ、食べたら最後絶対に買たくなるに違いないと

仕入れた土曜日の朝、確信を持っていましたが

予想通りの結果となりたいへん満足のいく結果となりました。

ネットでの販売は、レビュー等でお客様のご意見がストレートに

反映される仕組みはありますが、試食して・・・というのが

できないため、本当の意味でのビビッドな反応が見れません。

ところが、実店舗でご試食をいただいて、美味しいと感じたら

即『笑顔になり』『その商品を買う』という行動につながります。

だから実店舗での接客はやめられません。

試食を出すタイミング・商品の細かな説明をするタイミング

その方法で効果はまったく違う結果になるでしょう。

商品販売の原点としてお客様の期待値以上の商品をなんとしても

提供するというバイヤーとしての使命とともに

『いかにご試食いただくか?』

この点をもっともっと掘り下げて追及していきたいと思います!

2009年6月 の記事

こんなの美味しくないわけがないっ!!

もう、東国原知事のおかげで

かなり浸透した感のある高級フルーツ

宮崎産完熟マンゴー♪

これは文句なく美味しい。

ミニも予想以上に楽しめます。

多少食感が固いくらいで、味はほとんどかわりませんからね。

実店舗の試食会でも、

「こんな美味しいとは思わなかった!」

「濃厚でめっちゃ美味しい!」

な声が皆さんから漏れ聞こえてきました。

スタッフの中でも、それやったら次のロールは

宮崎マンゴーでいったらええんとちゃうか?

な意見が出始め・・・・

ならばやってみよう~ということに

むらせやさんもこれは旨いに違いないと、すぐに試作にとりかかって

いただきました。

しかし、

以外にもなかなか思うようなものができず。。

(あまりにも個性の強いフルーツだとかえって難しいのですね)

最終的には、最高の具材を最大限に生かすにはそれ以外のものを

徹底的にシンプルに作るしかないと結論付け、

ロールの生地は極めてシンプルに、小麦粉・卵・砂糖のみの使用とし

フワッふわに焼きあげたものにしました。

これを完成させるのに、どれだけの試作をつくったか。。。

もちろん、最高級マンゴーは手で剥いて最大限に利用します。

Imge86446e6zik6zj

Img120f3096zik7zj

そして、じゃ~ん!

Imgdb02c2d5zik9zj

近日発売します!

2009年6月 の記事

島バナナってこうなってたのか!

Img891888d0zik5zj

店舗で週末に開催するイベント”大試食会”用に

発注しておいた島バナナが今日届きました。

バナナってこんな風になってたんですね♪

1本の太い幹に群がるように・・・

これ、1本20キロくらいなんですが

子供のようにはしゃいで持ち上げてみました。

この週末、

「バナナって本来はこんなことになってたんだ!!」と

見にきてもらえたら嬉しいです。

2009年6月 の記事

浜松で島バナナを発見!!

今日は朝から大忙し!

そうなんです、今日はShomeido始まって以来の

新聞折込チラシを使ってのプロモーションを展開したため

どっとお客様が来店、お店はかなりの大わらわ。

まだ板についていない試食会を盛大にやりましたので

私なんかも汗だくになりながら応対させていただきました。

不行き届きな点もいっぱいあったと思います。

不快なお思いをされた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

今後改善しまして、よりご満足のいただける応対をさせていただきます。

さて、大忙しの時間帯を終え、ホッとしていたところ

1本の電話がなりました。

電話を取りますと、開口一番「島バナナある?」

「今ならありますよ。」というと

「じゃあ、買うから持ってきて。」とのこと。

聞けばお宅は店舗からごく近所、しかも・・・

「うち、島バナナ育ててるんですよ♪」とお客様

「え?ほんまでっか?じゃあ行きますわ!」

といきなりの関西弁で即答したのでした。

このお方、かなりの沖縄通で、現地に友達がいて

毎年、島バナナだの、スナックパインだのマンゴーなんかを

送ってもらっているとのこと。

お宅に到着すると、温室っぽいところに所狭しといろんなものが

植えられていて、その中に島バナナの木もありました。

↓真ん中の木です

Img1bc2789bzik8zj

他に、バナナの木は3本ほど、マンゴーやパッションの木も植えられていて

ここだけ見れば南国そのもの!パッションはかなり大きな実もいっぱい

つけていました。

Img53cb5bc2zikazj

こんなに近くにこんな”つわもの”がいらっしゃったとは驚きです。

その他いろんなことを教えていただきました。

これからもよろしくお願いします。

2009年6月 の記事

だんだん色が変わってきましたよ♪

前々からやってみたいな~と思いつつ

なかなか仕入れることができなかった

”島バナナ”

本当にネット以外では買えないフルーツですよね。

まさにマ・ボ・ロ・シ

そんな幻の味を求めてついに仕入ちゃいました。

ワクワクしながら食べてみると

ワイルドでかつ濃厚な甘みが後をひく感じ♪

濃厚なのに意外とあっさりしていて、何本でも

食べれちゃいそう。

表の皮が黄色くなっただけでは食べるのにはまだ早い。

黄色を通り越して黒くなりかけてきたころが

本当の食べ頃かも!

表皮は黒くても中身は真白、不思議ですよね。

ふつうのバナナだとこうはいきません。

1房で15~18本くらいあるので食べる時期を変えてみるのもいいですね。

自分の”食べ頃”発見してみてくださいね。

先週の土曜日仕入れた時はこんな色でしたが

Imgf3b81785zik4zj

今日はもうこんなに黄色に!!

Img16f9a817zik1zj

皆さん、くれぐれも食べ頃は逃さないようにしてくださいね。

ページの先頭へ