フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ

Shomeidoホーム > フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ > 2012年1月 の記事

2012年1月 の記事

いちごの梱包方法の見直しをさせていただきました。

こんにちは!店長の位知子です。


先日大寒を迎え、いよいよ一番寒い時期となりました。

本日より、毎年恒例の「HOT三ヶ日青島みかんジュース」を

ご用意しております。

熱々に温めたみかんジュースは、甘みが一層増し、身体も心も

ポカポカになりますので、是非お試しください!


さて、いちごが美味しい季節、当店では静岡特産の「紅ほっぺいちご」

多くのお客様にお楽しみいただいております。


先日、レビューにて大変貴重なご意見を頂戴いたしました。

「配送の仕方に問題があると思いますが(乱暴な取り扱い等)箱を開けた時点で

30粒中10粒は傷みが酷く見た目も悪くなっていました。傷みやすい果物なので

大変な事だと思いますが改善されることを希望します。投稿日:2012年01月10日」

お客様には残念なお思いをさせてしまい、私ども一同

とても申し訳なく存じております。


13年前よりインターネットでの通信販売を始めてから、

静岡県の特産でもある とっても美味しいいちごを、

どのようにしたら無事日本全国のお客様に

お届けできるかを試行錯誤して取り組んでまいりました。


ご存知の通り、いちごはとてもデリケートな上に、

お日持ちもいたしません。

実を申し上げますと、その間には、いちごが配送中の冷蔵庫の中の

冷気により凍ってしまったり、お客様の手に渡るまでに長い日数がかかり

鮮度が落ちてしまったり、いちごが中で動いて傷みが出てしまったり・・・と

いうトラブルもございました。


そして、ここ数年の間に、現在のような梱包に落ち着き、また

ヤマト運輸さんとの連携により、お客様にご迷惑をおかけしてしまうことが

ほとんど無くなりました。


しかしながら、この度ご意見を頂戴いたしまして、

スタッフ皆で、改めていちごの配送方法の見直しをさせていただきました。

梱包の際の改善策といたしましては、いちごの上のパッキンの量を調節すること。

また、発泡ケースの中での固定を一層強固にすること。

それから、お届け先様によりご安心いただけるよう、丁寧な説明書きを入れ、

万一の際にはお気軽に当店までご連絡をいただけるようにさせて

いただきました。

いちごの梱包.jpg

大変デリケートないちごは、配送中のトラックの激しい揺れや滑落などにより、

止む終えない支障が生じる場合がございます。

私どもでは、商品に御不都合がございました際には、お取替えなど、

速やかに誠実なご対応をさせていただいておりますので、

メールやお電話などで、どうぞお気軽にお申し付けください。


レビューをいただきましたお客様には、今一度深くお詫び申し上げますとともに、

貴重なご意見を頂戴いたしましたことを、心より御礼申し上げます。

これに懲りませず、どうぞ今後とも当店をよろしくお願い申し上げます。

2012年1月 の記事

伊庭さんのデコポンは健在でした!

こんにちは、バイヤーの河原です。

今日は雨模様と思いきや、予報より早く本当に雨が降ってきましたが、

それにもめげずに、豊橋のデコポン農家・伊庭さんを訪問してきました。

Iba

2年ぶりに訪問させていただいたのですが、お変りはなさそうで

精力的に園地をご案内いただきました。(お忙しいところありがとうございます!)

なぜ、伊庭さんを訪問させていただいたのかというと

今年の出荷量が例年に比べ、極端に少なく、本当にどうしちゃったんだろうと

心配になったので見に行くことにしたのですが、結論から言うと『ほぼ問題ない』

ということが分かりホッとして帰ってきたところです。

今シーズンは、枝の剪定を思い切ってしたことが単年度だけでみると裏目に

出てしまい、収穫量は1/3くらいまで落ち込む予定となってしまったようです。

実際、浜松には1週間で数ケースしか入荷がなく、かなり焦っていましたが

園地をすべて見せていただき、実の成り具合を実際に見て、私なりになんとか

なりそうと判断できる状況でした。

Photo

伊庭さんは、もちろん酸度(酸味の強さ)をかなり気にしながら、糖度・果皮の

着色(色づき)をチェックして、自身の基準以上のものだけを収穫しています。

とくに着色を大事にされており、私が見てもOKだと思われるものがいくつも

ありましたが、「もう少し紅色が出てこないとダメ」と非常に厳格に自身の

基準を守っています。

だから、たわわに実った『もう少し色待ちの実』がいっぱいあり1月下旬~2月初旬に

どっと出荷できそうな感じでした。

Photo_2

一気に収穫を迎えるため大変だと思いますが、

妥協のない美味しいデコポンをお待ちしていますね。

2012年1月 の記事

枯れ行く樹に生るみかんの実力は!?

バイヤーの河原です。

新年明けましておめでとうございます。

本年もいろいろな角度からとびきりのイチオシ情報を

書かせていただきます、どうぞよろしくお願いします!

さて、本日は加藤柑橘園さんの青島みかんの初仕入れ♪

1月10日くらいまでは少しペースダウンして仕事をしていらっしゃるとのこと。

そりゃそうですよね、11月20日ごろから年末まで収穫と選果に追われ深夜近く

まで毎晩、機械がうなり音を上げて選果していたわけですので。。

さて、今日の加藤さんなにやら自慢げの様子。

「ねえ、河原君。ちょっとこのみかん食べてよ!」 と加藤さん

見てみるとSサイズくらいの小粒みかん、半分を一口で食べてみると激ヤバ!!とんでもなく濃厚!!!

「糖度何度くらいと思う?」 と加藤さん

17度くらいかな?と自信無げに言うと

「河原君、やるねえ!昨日測ったら17度だったよ♪」 とのこと。

聞けばこのみかん、今シーズンで枯れると思われる樹でとれた青島みかんらしい。

何故なのか確かには分からないとおっしゃるが、経験的に枯れる樹のみかんは

とにかく激旨になるとのことで、もはやみかんの域を超えた甘さ。

2S~Mサイズくらいで小粒なため酸味は残りやすいが、とにかく糖度が高い!

持って帰ってきて測ると19度もありました。

Photo

今回は全体の樹ではなく、その一部の枝が枯れたようで量的には60キロもないかもしれません。

加藤さんが私のために全量残しておいてくれてました。

値段は食べて味を見て私が決めてということなので、これから悩みます。

1月中旬ごろ販売予定です。

2012年1月 の記事

2012年も張り切ってまいります!

店長の位知子です。

***************************************

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

***************************************

お正月はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?

私はお休みをいただいていました新年の4日間、

遅ればせながら自宅の大掃除に明け暮れました。

普段から気になっていた部分を片付け、使いやすいように

整理すると、気分もすっきり!

爽快な気持ちで仕事始めを迎えることができました。

さて、2012年がスタートしました。

本日1月5日(木)より、浜松市場が開市しまして、

Shomeido実店舗も仕事始め、フルーツの発送も

スタートさせていただいております。

今年も、心を込めて丁寧に日々のご対応に努め、

より良いお品をお手配してまいりたいと思います。

「大切な人と人との架け橋になりたい」

私どもShomeidoのフルーツを通して、

お客様の大切な方への想いをお届けでき、

より深い絆を築くことができましたら、

幸いです。

ページの先頭へ