フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ

Shomeidoホーム > フルーツShomeido スタッフのフルーツてんこもりブログ > 2012年10月 の記事

2012年10月 の記事

三ヶ日みかんの第一弾本日入荷!

こんにちは、バイヤーの河原です。

このところ、浜松では暑くなったり、寒くなったりで

よくわからない天候だったりしますが、基本的には

徐々に気温が下がっていますね。

今週の週末は最低気温が一桁となる予想が出ており

いよいよ冬が来そうな感じです。

さて冬といえば、

そう、みかん。

Photo

それも三ケ日(みっかび)みかんがとっても美味しい季節です。

今シーズンの三ケ日みかんのトップバッターとして

満を持して本日入荷となったのが、

加藤柑橘園さんの極早生みかん。

極早生みかんといえば、【酸味が強くて味が薄い】。

そう思っていませんか。

でも、

加藤柑橘園さんの極早生は違います!

2

今年は少し酸味が立つかなという感じはしますが

コクの深い甘味が十分に感じられる逸品です。

今年初三ケ日の味、ぜひともお試しあれ。

2012年10月 の記事

おいしい新りんごの季節です♪

こんにちは!

店長の位知子です。

明け方寒くなり、毛布を一枚追加しました。

これから日一日と気温が下がっていくのでしょうね。

秋の深まりとともに、いっそう楽しみなフルーツと言えば、

そう! 『 り・ん・ご 』apple

おいしいりんごに出会うと、、

「このりんごだったら、“りんごダイエット”もできるぞ!」と

思ってしまうのは、私だけでしょうか。(^^;)

数年前にセンセーショナルに登場した

香り高いりんご「シナノスイート」と

美しいトキ色の甘いりんご「トキ」に

勝るとも劣らない新りんごが、この程入荷しました。

その名も・・・

   『 シ ナ ノ ド ル チ ェ 』

今更ながらに、dolce(ドルチェ)ってどんな意味?と

調べてみましたら、

甘いお菓子やデザート、という意味。

おいしそうな名前ですね~♪ heart01

田中康夫前長野県知事が命名されたとか?

「ゴールデンデリシャス」と「千秋」との掛け合わせで

生まれたこのりんご、親が同じのため黄金色の果皮の「シナノゴールド」と

兄弟となります。

「シナノドルチェ」は真紅色の果皮をもった美しい外観で、

スマートで背高のっぽ!

ナイフを入れたとたんに溢れる果汁は、糖分たっぷり!

サクサクと心地良い歯ざわりは、りんご好きにはたまらないでしょう!

生産量が少なく、出荷期間が短いため、あまり見かけないと思いますが、

どこかで見つけたら、是非お試しくださいね。

※当Shomeidoでは、店頭・お電話053-461-6994で承ります!(期間・個数に限りがあります。)

2012年10月 の記事

絶対的有利な地理的条件に甘えない!

こんにちは、バイヤーの河原です。

昨日長野県の志賀高原に取材に行ってきました。

Photo

少し早く着きすぎたので、スタッフの野口氏とトレッキング!

山頂付近はかなり冷え込み、一足お先に紅葉狩り堪能しました♫

Photo_2

さて、本題は信州・志賀高原産ジャンボピオーネ

どのくらいジャンボかといいますと、

大きいもので、ぶどうの粒がゴルフボールくらいの大きさに!!

Photo_3

全部が全部その大きさではありませんが、

大きい粒のぶどうを見慣れている私でさえ感動するくらいの大きさ。

そしてパンパンに張った実はジューシーな果汁がとめどもなく

流れ出て、奥の深い甘さを堪能できるピオーネの最高峰です。

そのわけを知りたくて、また皆さんにお届けしたくて

はるばる4時間半かけて志賀高原までやってきました。

JA志賀高原・夜間瀬支所を訪ねたのですが、事務所でさえ標高

400mの高地。ぶどう園地は標高500m前後、高いところでは800m

にもなり昼夜の温度差がたいへんに大きく、その分甘いぶどうができる

とのこと。また、黒ベト(土)の土壌は水はけがよい上に極めて肥沃。

ぶどうの栽培にほとんど肥料は必要ないという、他の産地からすれば

羨ましくてしょうがない地理的条件を有しています。

Photo_4

また、後継者難とは縁遠く、若い就農者も数多くいることから栽培技術の

伝承にも力を入れているという。

組合員さんが137軒と決して大きい規模と言えないが、その分人と人の

コミュニケーションが密に取れるため、栽培技術向上の研修会などの

参加率が高く、皆さんが一体となって志賀高原のブランド維持向上に

取り組んでいる様がみて取れます。

大きいものでは900g近くの大房で、しかも超大粒。

この美味しさを体験できるのはあと半月ぐらいでしょうか。

ページの先頭へ